<< ブログはお休みします。 | main | ブログを更新しました。 >>

flyとjump、legとfoot

オズの魔法使いのchapter5に「jump」がよく出てきます。作り間違えて訳語に「飛ぶ」を使ってしまいましたが、正確にはditch(地割れ)をjump overするので、「跳び超す」でした。

 

flyもjumpも、「とぶ」という意味ですが、漢字に「飛ぶ」と「跳ぶ」の区別があるように、通常、flyは「飛ぶ」で、jumpは「跳ぶ」です。同じ「とぶ」でもニュアンスが違います。

 

下記は引用ですが、

 

**********************************************

「飛ぶ」とは「空中を進む。空中に舞い上がる。声・指示・噂などがさっと伝えられる。足も地に着かないほど大急ぎでそこに至る。駆けつける。行方をくらまそうと一挙に遠くに逃げ去る。一瞬のうちに失せる。間が抜けて先のほうに移る」などの意味があります。

「跳ぶ」とは「勢いよく跳ねる。跳ねて越える」とあります。「飛ぶ」が空中を進む、移動するという意味で使用されるのに対し、「跳ぶ」はその場で跳ね上がる、高く上がるとの意味があります。また「飛ぶ」には空を移動する以外にも多くの比喩的表現で使用されています。

**********************************************

 

ライオンが地割れをとびこすのは、「跳ねて超える」ので、やはり「jump」は「跳ぶ」ですよね。

 

同じように、小学生の教材によく出てくるfootとlegですが、これもどちらも「あし」ですが、漢字で書くと「足」と「脚」になります。簡単に言うと、靴や靴下を履く部分が「足」で、それより上の部分が「脚」です。これらも訳語を与える時には注意しています。

 

 

 

| Today's Class | 00:00 | comments(0) | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック
「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
The 1st,チェ・テワン,“K” Strring,キム・ソンジュン
韓国ドラマがこんなにも面白いなんて。こんなに面白い連続ドラマは日本にはありません。是非ドラマを見てからお聴き下さい。
Recommend
日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法 (Forest2545Shinsyo 22)
日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法 (Forest2545Shinsyo 22) (JUGEMレビュー »)
鵜沢戸久子
実例に沿った説明で非常に具体的に分かりやすく書かれていて、ウザワシステムのことを知らない方でも、良さを分かって頂けるのではないでしょうか。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM