<< 新教材 Britain Today | main | 2018年東京本部セミナー >>

オズの魔法使い

主に小4と小5ためのCD付き教材に「オズの魔法使い」を使用しています。

半年ほど前まで小学生の場合は一斉訳で、一文ごとに皆で声に出しながら日本語に直していました。そしてその日本語訳も訳シートの英文の下に前もって書いてありましたから、声に出した日本語訳を書く必要はありませんでした。しかし、去年の10月の本部でのセミナー中で新しいやり方を教えて頂いてからは、本部と同じやり方に変えました。

 

"I would(ウd) like them more,        if  I had brains(ブレインズ)," said(セェd) the Scarecrow. /

   欲しい      もっと多く もし〜なら    脳

"And I would(ウd) love them too, if I had a heart(ハーt)," said the Tin Man. /

       大好き      も         心

There(ゼェア) were(ゥワァ) more and more poppies(パピィズ) now. /Their(ゼェア) scent(セェンt) was very strong and

  あった    ますます多くの         今や      香り 

Dorothy began(ビギャァン) to          feel(フィール) sleepy. /Toto was sleepy too. /Dorothy was in danger(デインジャ),

     〜することを始めた 感じる 眠い                               危険にひんしていた

but she did not know(ノウ) it. /If she fell asleep in the poppy field(フィールd), she might(マイt)

    〜しなかった 知る        眠りに落ちた          畑    かもしれない

never(ネェヴァ)         wake up again(アゲイン)./

決して〜しない  目覚める 二度と

"I'm very tired(タイアd)," Dorothy said(セェd). "I     must            sleep." /

           疲れて                              しなければならない

"No, you can't(キャァンt)        sleep here(ヒィア), my dear(ディア," the Tin Man told(トウルd) her. /

          してはいけない         ここで    君            告げた

"We must get back(バァク) to the yellow brick road(ロウd) before(ビフォア) dark(ダーク."/

               〜に戻る                 暗くなる前に 

 

3以上は、個々に英文を3回音読した(2文ずつまとめて)後に日本語訳をノート、又は訳シートの下の空欄に書きます。声に出して訳させないのがポイントです。声に出すと意外と意味が取れないので間違えまくりますから、黙って書かせて、間違った場合は自分で書いた日本文を黙読して直させます。

 

下記は1回分の量ですが、本部式に変えたばかりの頃はそれまでの倍以上の時間がかかっていたし、余りに時間がかかる生徒の場合は半分の量にしていました。でも、この4月以降は劇的に変わりました。ほとんど間違えないし速いので、あっという間に終わってしまう感じです。当たり前のことですが、人間の脳は慣れるものなんですね。一部の単語の下に意味が書いてあるとはいえ、小4〜小5で、このレベルの英文をあんなにもスラスラと訳せたら、中学校の教科書なんて楽勝ですよ(^u^)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

)

      

 

 

 

 

 

)

 

 

 

| Today's Class | 00:00 | comments(0) | - | - | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック
「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
The 1st,チェ・テワン,“K” Strring,キム・ソンジュン
韓国ドラマがこんなにも面白いなんて。こんなに面白い連続ドラマは日本にはありません。是非ドラマを見てからお聴き下さい。
Recommend
日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法 (Forest2545Shinsyo 22)
日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法 (Forest2545Shinsyo 22) (JUGEMレビュー »)
鵜沢戸久子
実例に沿った説明で非常に具体的に分かりやすく書かれていて、ウザワシステムのことを知らない方でも、良さを分かって頂けるのではないでしょうか。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM