<< 中学校の教科書の訳 | main | 第1回英検結果 >>

The United States of America

若草物語(Little Women)の代わりの教材として、本部が使用し始めている教材(The United States of America)を、いよいよ来月から、うちの教室でも小5〜中1の5人に導入します。とは言え、若草物語を廃止にする訳ではなく、主に男の子向けに使用していきます。英検2級、TOEIC500点レベルです。

アメリカはとても大きな国で、毎年、多くの人々が「 アメリカン・ドリーム」を実現するために世界中から集まってくる。一生懸命働けば成功を収めることができ、富を得られると夢を抱きながら。500年前の大陸発見から現代のアメリカ社会を記した1冊。独自文化である映画産業、スポーツ、テクノロジー、公民権運動指導者などを幅広くカバー。


The United States of America (the USA) is a very big country(カッンtリィ): the rivers(リヴァーrズ) and mountains(マウンtンズ) are big, and the population(パピュレイション) is big.  There(ゼェアr) are big cities(スィティズ), a lot of big houses(ハウズィズ) and big cars(カーrズ). People(ピィープル) have big dreams(dリィームズ), too(tゥー).
こんなレベルの英語ですが、これが2級レベル?という気がします。若草物語はナレーションと会話文が混じっていて、ナレーション部分はこのUSAよりはるかに難しいから、この英文で2級ならば若草物語は準1級か1級レベルじゃないかと思ってしまいます(笑)。下記が若草物語です。

Jo and Laurie(ローリィ) had a fine time discussing(ディスカッスイング) all the things(スィングズ) they didn’t like, a subject(サッブジェクt)  on which(ホゥィチ) they had much in common(カマン). Jo’s main(メェイン) tirade(タイレェイd) was directed(ディレェクティd) against(アゲェンスt) her aunt(アンt), a mean(ミィ−ン), old, crotchety(クラチィティ) woman, according(アコーディング) to Jo,
to whom(フーム) the family had(ハァt) to be nice and respectful(リスペェクtフル) because(ビコーズ) she was rich.

果たして、どちらの教材がより英語力が付くかは未知数ですが、取りあえずは、やってみないと分かりませんから、導入してみます。
 
| Today's Class | 00:00 | comments(0) | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック
「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
The 1st,チェ・テワン,“K” Strring,キム・ソンジュン
韓国ドラマがこんなにも面白いなんて。こんなに面白い連続ドラマは日本にはありません。是非ドラマを見てからお聴き下さい。
Recommend
日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法 (Forest2545Shinsyo 22)
日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法 (Forest2545Shinsyo 22) (JUGEMレビュー »)
鵜沢戸久子
実例に沿った説明で非常に具体的に分かりやすく書かれていて、ウザワシステムのことを知らない方でも、良さを分かって頂けるのではないでしょうか。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM