ウザワの英語(中・高校生)

0

    たとえ初めての方でも、まず、物語、英字新聞、小論文など、高度な内容のリスニング、音読、訳、暗記を通して潜在的な英語力を付けます。その上で文法、各試験対策などを行っていきます。長く続けることで、試験に強いだけでなく、使える力が身に付くのもウザワ式の特徴です。

    ☆テープ教材
    一番基礎となる教材です。この教材により、リスニング力、発音、イントネーション、潜在的な文法力、語彙力など、総合的な英語力が養われます。
            
    中学生:物語、時事英語
    高校生:物語、時事英語、名文集

    ☆文法指導
    「ウザワの英文法」を使って、出来るだけ説明を省き、自分で理解するように導きます。教材はウザワオリジナルの問題集と難易度の最も高い市販のものを使用しています。

    ☆学校教科書、定期テスト対策
    中学校教科書を訳し、暗記することをテスト前までに2〜3回行います。
    定期テスト対策問題集も行います。高校生は希望者のみ。

    ☆英作指導
    中1は口頭で行い、中2以上は一度自分で英作し、間違った所は英文法を見せながら直していきます。

    ☆語彙力養成(高校生)
    TOEFL単語集を使い語彙力を高めます。

    ☆受験指導
    国公立高校、私立高校、国公立大学、私立大学、センター試験の過去問題を徹底的にやって頂きます。

    ☆英検指導
    過去問題をやり、それを直すことを繰り返すだけですが、テープ教材を使った授業を毎回行っておりますので、試験日の1ヶ月〜1ヶ月半くらい前から始めるだけで合格出来ます。

    ☆Comprehensive Drill
    まとまった英文を講師がナチュラルスピードで3回読み、生徒はその内容を日本語で書きます。最初は単語レベルですが、回数を重ねることで、かなり長い文章を書くことが出来る様になります。リスニング力の向上にもつながります。

    ☆English Shower(オプション)
    中高生・成人の方対象にネイティブ講師による英語レクチャー(講義)式授業です。既に東京の本部では何年も前から行われているレッスンですが、通常の日本人教師との授業と併せて上記の授業を受けていただくことで、「英語を聞いて即英語を理解する力」「英語で自分の考えを自由に表現する力」が養われ、ひいては学校のテストの成績が上がるなど大変高い成果が出ており、私達も長年やってみたいと願っておりました。そしてとてもすばらしいイギリス人講師に恵まれ、平成17年4月より実現できることになりました。

    内容
    イギリス人講師による1時間の授業。40分間の講義の後、質問タイム、トピックスについての内容、意見、感想などを英語でライティングします。
    ライティングは講師が添削して後日返却します。
    リスニング力を上げるには最も効果的で、受講している生徒は、それまでリスニングテストで6割ほどしか出来なかったのが、8〜9割の正答率になっています。今では、講師が言っていることがほとんど理解出来るとのことです。
    尚、現在は刈谷校のみのクラスです。

    さらに詳細の授業内容は、本部ホームページをご覧下さい。

    ウザワの国語(小学生)

    0

      英語を習得する以上にきちんとした母国語の習得が大切です。漢文、古文、現代文と名文の音読を基礎に、漢字やワークも無理のないウザワ独特の方法で学びます。小さな子供達は意外にも漢文の暗唱が大好きです。

      ☆音読と暗記
      音読は基本中の基本です。なるべく質の高い文を、正しい調子で、多く読むことにより、日本語の基礎が築かれます。子供達から質問がない限り特に意味の解説はいたしませんが、古典や漢文の名文には独特の力があり、子供達は子供達なりに意味を理解しているようです。
         
      低学年:「蜘蛛の糸」等の現代文、漢詩
      中学年:漢文、古文

      ☆漢字
      オリジナルのテキストを使います。単語を単体でひとつずつ覚えるのではなく、物語を読みの中、自然に意味を理解しながら覚えます。また、一度に覚えさせてしまうのではなく、一つの漢字が何度となく繰り返し学べる方式になっていますので、自然に学べます。

      ☆ワーク
      学年に応じたものを使います。これにより、文法力、読解力、表現力、漢字力などを養います。

      ☆その他
      部首、百人一首、熟語・ことわざ(高学年)を毎回少しずつ覚えます。

      ☆読書
      後半10分は読書をします。「読む」という習慣が薄らぎつつあるこの頃ですが、読書の習慣つけることは非常に大切です。読む習慣のない子は本を開いてじっとすることすら苦痛ですが、続けていくうちに次第に読めるようになってきます。

      さらに詳細の授業内容は、本部ホームページをご覧下さい。

      ウザワの英語(小学生)

      0

        初めて英語を学ぶ小学生でも、dog,cat,といった簡単なものから順番に積み上げるのではなく、年齢相応な内容の物語を聞いたり、読んだり、訳したりします。日本人の赤ちゃんが日本語を覚える時、決してお母さんは、「まずは単語、次に文」、という教え方はしていないはずです。易しい日本語も難しい日本語もたくさん回りに溢れていたからこそ、脳に日本語の回路が作られ、自然に日本語が身に付くのです。
        英語を学ぶ時も同じです。ウザワ式では年齢に合った、なるべく質の高い英文を聞き、音読、訳し、暗記して、英語の回路を作り、その上で単語を覚えたり、文法を学んだりします。しかし、一度に教え込むようにするのではなく、何度も何度も繰り返し、脳の回路を次第に作り上げるやり方で、ひとりひとりの学びの速度に合わせて学べます。
        ※訳や暗記は、クラス全員で、独自のメソッドを用いテンポよく行います。初めての子でもつられるように無理なく出来ます。

        ☆テープ教材
        一番基礎となる教材です。この教材により、リスニング力、発音、イントネーション、潜在的な文法力、語彙力など、総合的な英語力が養われます。

        低学年…『白雪姫、アリババと40人の盗賊』など
        高学年…『ハリー・ポッター』の原書

        ☆劇
        物語を劇で表現し、英語の意味を身体で覚えます。半年に1回、発表会でそれを発表します。

        ☆和文英作
        きちんとした外国語を学ぶために、文法力はかかせません。ウザワ式では物語で英語の潜在力を付けるため、文法もスムーズに理解することができます。個別で行います。
        問題の日本語を口頭で英語にし、それを書きます。低学年は特に文法的説明はしませんが、物語で培った潜在的な英語力を利用し、無理なく英作に導きます。高学年は、ある程度のキャリアを積んだ後、「ウザワの英文法」を使って理屈でも文法を理解していきます。

        ☆フォニックス
        英語を読めるようにする学習です。アルファベットの持つ音素を学びます。

        さらに詳細の授業内容は、本部ホームページをご覧下さい。