ブログを更新しました。

0

    NEW!
    ☆..:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆..:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆..:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚
    [Today's Class]を更新しました。

    2017年12月08日(金) 加藤佳英

    例題3問を解いてもらいました!

    0

      中高生のほぼ全員に、先週の例題3問を解いてもらいました。解くという程たいそうな問題でもないですが。

      当教室の結果は残念ながら全問100%の正当率ではありませんでした。
      例題1は87%
      例題2は87%
      例題3は100%
      でした。

      間違えた原因は、例題1はただ単にちゃんと読んでいないから、例題2は「愛称」という言葉が分からないからではないかと思いますが、例題1と3は落ち着いて問題を読めば、中学生以上の日本人ならば誰でも正解出来ると思いませんか?

      この問題を知ったのは、先月末の中日新聞一面の中日春秋からです。
      二人の中学生が同じ新聞を見て知っていました。新聞を読んでいる中学生もいることを知って妙にホットしました(笑)

      今の時代は新聞を取っていない家庭も増えてきていますが、紙の新聞にはインターネットのニュース記事、または新聞のインターネット版にはない良さもありますから、これからも読み続けたいです(^O^)

      中学生約60%、高校生約70%の正解率は、大きな問題だと思います。せめて、私が指導している生徒たちは、この程度の問題ならば正解できるようにさせなければいけない、と強く感じた記事でした。

       

      驚きの読解力のなさにびっくり!

      0

        驚きの記事が出ていました。なぜこんなにも簡単な文章の読解が出来ないのかが理解出来ないレベルの間違いです。余りにも深刻ですね。

        現在、一部の小学生に国語を教えていますが、毎回音読をして、暗記、読解問題も2か月に1度は行っています。ウザワの国語を習っている生徒には、こうなってもらいたくないですね。いや、絶対にならないはずだ。

        やらせるのが怖いですが()、試に私の教室の中高生にもやらせてみようと思います。結果は来週のブログでお知らせ致します。

        以下は引用した文章です。

         

        主語と述語の関係といった「係り受け」など、文章の基本的な構造を理解できていない中高生が多くいるとみられることが、国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究チームによる調査で分かった。新井教授は「読解力が不十分だと社会生活を送る上でも大きな影響が出る」と懸念している。

        【例題1
        「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」
        1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」
        問:上の文が表す内容と下の文が表す内容は同じか、「同じである」「異なる」のうちから答えなさい
        ※出典:東京書籍(株)中学校社会科教科書「新しい社会 歴史109P」 正解は「異なる」で、この問題の正答率は中学生が57%、高校生は71%だった。

        【例題2
        Alexは男性にも女性にも使われる名前で女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある」
        問:この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい
        Alexandraの愛称は(  )である」
        1Alex (2Alexander (3)男性 (4)女性
        ※出典:開隆堂出版(株)中学校英語科教科書「Sunshine3」 

        正解は「(1Alex」で、中学生の正答率は38%、高校生の正答率は65%。

        【例題3
        「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアに主に広がっている」
        問:この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい
        「オセアニアに広がっているのは(  )である」
        1)ヒンドゥー教 (2)キリスト教 (3)イスラム教 (4)仏教
        ※出典:東京書籍(株)中学校社会科教科書「新しい 地理」36P 

        正解は「(2)キリスト教」で、中学生の正答率は62%、高校生の正答率は72%だった。

         

        新井教授は近年、人工知能(AI)の情報処理能力が大きく進歩していることに触れ「将来、仕事を奪われないようにするためにも、子供たちの読解力の底上げにつながる支援が必要だ」と話している。

        ブログはお休みします。

        0

          本日のブログはお休み致します。

           

           


          2017年11月24

          ウザワシステム加藤英語教室
          加藤佳英

           

          Japan Timesを使ったライティング

          0

            先日の本部セミナーで教えて頂いたJapan Timesの記事を使ったライティングを始めています。英検の3級、準2級、2級でもライティングが入ってきているので、その対策のためでもあります。

            これまでも一斉訳の際に、下記ような英文記事を使っていましたので、それをそのまま使うことにしました。一斉暗記、単語テスト(本部では暗記と単語テストをしていません)を終えた後に、5分位の時間を与えて書いてもらっています。

            初回は、どの生徒も1〜2文しか書けませんでしたが、2回目になると、4〜5文くらい書けています。更に回を重ねていけば、もっと増えていくことでしょう。!(^^)!  

            以下が教材として使った英文記事です。

             

            London toy store Christmas list stacked with AI, robots      October 27, 2017

            英クリスマス商戦、「AI玩具」が人気

            Tyler the Playful Tiger, who roars, purrs and moves during play is among a group of animatronic toys tipped to be the most in demand for Christmas, according to the world’s oldest toy shop./

            Hamleys toy store, where Britain’s Queen Elizabeth once bought toys for her children, thinks that “toy-telligence” toys will be the big hit of 2017./The toy shop’s annual top 10 list for Christmas features many toys that use artificial intelligence or robotics. / Tyler sells for£135 and responds when you talk to him./

             “There is definitely a technology influence coming through in toys ... it has become very sophisticated,” Hamleys head buyer Victoria Kay said on October 12th. /“These toys learn and develop.” /

            “I prefer toys that talk back to me,” said six-year-old Lilly Hulkes Dudman, hugging Tyler the Playful Tiger in the 136-year old shop in London’s West End. /

             

            生徒のライティング(中2)

            I'm interested in Tyler the Playful Tiger because it will be fun. 

            So I want to buy it. But it is a an expensive toy.

            I think that I will try to get much money until Christmas.

            本部セミナー&懇親会&教え子との再会

            0

              10月15日に毎年恒例の東京本部のセミナー&懇親会に参加してきました。今年は少し少なめで私を含めて13人のネットワーク教室の先生方の参加でした。

              日々進化しているウザワシステムだけあって、今年もかなりの進化があり、今現在の最良の指導法を教えて頂くことが出来ました。まだ体験されていない皆さん、楽しみにお待ちください(^O^)。

              中高生は定期テスト中なので、小学生に新しい指導法の一部を火曜水曜に導入してみましたが、非常に良い感じでした。
              小3から小5の個別の訳は、競争しながら嬉々としてやってくれたので、今以上に自立心を養えると思います。
              進んでいる小学生のための新しい教材、Speaking Practice, Read and Answerも楽しみです。

              しかし、鵜沢先生の衰えることのない探究心にはいつも感服させられます。私も少しは見習って探究しないといけません。いつまでも鵜沢先生がいらっしゃる訳ではないから。

              セミナー後は、夕食を頂きながらの懇親会でした。美味しい料理を食べられるだけでなく、本部のスタッフの方、ネットワーク教室の方とも親しくお話しできるから、セミナー同様に楽しい一時です。

              そして、こちらも毎年恒例ですが、有志だけでの二次会です。今年は7名でした。皆さんの本音が聞けるから、この二次会も貴重ですね。本音の内容は秘密です(笑)。

              翌日は、4時から5時30分まで授業見学をして、セミナーで教えて頂いた指導法をしっかりと確認チェック出来ました。
              その後は、津田塾大4年の教え子との夕食会でした。就職も23区内に決まり、すっかり大人になっていました。
              生徒時代は全ての中学教材を1ページも残さないで終えた数少ない生徒の一人でした。ほとんど間違えないから、調子に乗って文法教材JACKを毎回8ページづつ(普通は2ページ)宿題に出していました。
              でも、実際にはかなり大変だった事実が発覚しました(笑)。彼女曰く「1日では終わらないから2~3日かけていました。ウザワは宿題がこんなにも沢山あるんだな~と思っていたけど」他の生徒も同じだと思っていたみたいです。
              そんなに大変だったとは露知らず、謝りましたが「お陰さまでとても鍛えられて良かったです。」と返してくれました。嬉しいことを言ってくれますね😢💦

              と、こんな感じで今回もとても充実した有意義な2日間でした。やはり翌日に見学するのがベストと感じました。

              早くも来年のセミナーが楽しみですが、その前に教えて頂いたことを上手く使いこなして生徒の英語力アップに繋げないといけませんね!(^^)!

               

              小学生の3つの間違い

              0

                小学生が英単語を並び替えて書く、又は、日本文から英文を作って書く教材がありますが、4年生、5年生位だと、まだまだ間違えます。

                間違えるのは、ほぼ以下の三つです。
                (犬了呂瓩小文字になっている
                a, an、又は複数形のsが抜けている
                コンマ、ピリオド、クエスチョンマークが付いていない

                △話羈慇犬任發笋蕕しますから仕方がないのですが、他の2つの間違いもよくあります。

                間違えた箇所に赤ペンでアンダーラインを入れれば、簡単に気付いて直しますが、それではなかなか直らなくて次回も同じことを繰り返すから、ミス1とかミス2と書きます。自分で間違い気付いて欲しいからです。
                これは鵜沢先生のアイディアですが(^O^)。

                間違える度に、「三つの間違いのどれかだよ」と教えます。こう言えば、どの生徒も簡単に直します。
                「英文が出来上がったら、三つの間違いがないかを見直したら大丈夫だよ」と言いますが、見直しをする生徒は余りいないのが現状です(笑)。

                私達講師が、高校生がこれらの間違いをすることがないように、時間が解決してくれるレベルのものですが、早いにこしたことはないので、中学生になる前に間違えないようにさせたいですね(^O^)。

                しばらくは、「いつもの三つの間違いの中にある」を繰り返します。

                英検対策の秘策!

                0

                  「英検対策の秘策」、変な日本語でしょうか?過去問題をやってもらい、この正答数では100%不合格だけど、すでに申し込んでしまった場合に使います。

                  「毎日最低でも1時間のCDのかけ流しをする。1日でも1時間切ったら、その時点で不合格決定だよ。」と、脅しのような注文をつけます(笑)。

                  でも、本当なんです。試験日まで1か月位しかない場合には、これをやるしか奇跡を起こすことはできません。入会して間もない生徒は余り効果は期待できませんが、1年以上の生徒ならば如実に効果が表れて、ギリギリ合格できることがあります。そしてウザワ歴が長ければ長い程、その効果がはっきりとした形で表れます。

                   

                  今回、準2級を受ける生徒がそうです。非常に厳しい状況ではありますが、リスニングが7割まで来たので可能性が出てきました。今現在(9月22日)は筆記は3割、ライティングは5割なので、これをリスニングを9割、筆記を4割までもって行けたら、ギリギリ合格できるかもしれませんよ。

                   

                  あと2週間強の間、しっかりと約束を守れたら、奇跡が起きそうです。余り「奇跡、奇跡」と言い過ぎると失礼かな?

                   

                  そして今回のことで、かけ流しの効果を実感できたならば、今後ずっと、毎日のかけ流しを続けて欲しいです。そうすれば、きっと次の奇跡が起こるから。(#^.^#)

                   

                  多治見校スタートから7か月!

                  0

                    2月に正式に開校した多治見校、本当に少しづつではありますが、生徒が増えています。

                    国語は小学生2人、英語は小学生3人、中学生1人、高校生1人です。(国語の小学生2人は英語も併用しています)

                     

                    そして今月からは、多治見市に住んでいながら大曽根校に通っているR君(小3)も加わります。彼は名古屋の私立小学校に通っているため下校途中に大曽根校に通っていましたが、この機会に在住している多治見校に移ります。

                    なので、9月からは国語2人、英語6人の計8人(実質6人)になります。1人づつですが中高生もいますので、一応は小学生、中学生、高校生がいることになり、それなりに英語教室らしくなってきましたね!(^^)!。

                     

                    旭ヶ丘珠算塾の本校をお借りしての英語教室なので、たくさんの珠算の生徒さんにも入会して欲しいのですが、今のところは、わが息子(小4)を含めて2人だけです。しかも、2人とも本校の生徒さんではないので、本校に通われている生徒さんからも入会して欲しいです。

                     

                    まずは二けたの10名を目指します。(#^.^#)

                     

                     

                     

                    高3生頑張っています!

                    0

                      今年の高3生は2名です。

                      刈谷校に1名、大曽根校に1名です。刈谷校のRさんは小4から通っているので9年目になります。一方、大曽根校のYさんはまだ半年です。対照的なキャリアですが、同じく国公立大学を狙っています。

                       

                      Yさんは、他塾にも通っているため1曜日しか来られないので、なかなか教材が進みませんが、できる範囲内で進めていくしかありません。学校が休みの第二・第四土曜日の午前中も利用してもらい、可能な限り来てもらっています。当教室でのキャリアは短いのですが、幼い頃に英語の音がたくさん入っていたようで、発音はかなり綺麗です。

                       

                      Rさんは、週3回(各2時間)来ているし、私が出している宿題の量も多いのどんどん進んでいます。

                      その中でメインCD付き教材のTHE STORY OF ENGLISHに関しては、毎回訳して暗記をしているので、特に進みが速いです。

                       

                      Introduction〜Epilogueまで130ページもある(トータル30ページ位は地図や写真だけが載っているので実質100ページ位)テキストなので、15年くらい使用しているのもかかわらず、いまだに最後まで終わらせた生徒がいません。  多分、一番多くやった生徒でも90ページくらいまでだったと思います。  でも、Rさんは7月末の段階で71ページまで来ました。計算上は最後まで訳し終わりそうなので、私の中での目標は130ページまで終わらせることです(笑)。

                       

                       

                       

                      Rさんができるようになったなあと感じるようになったのは、高2から週2回の授業に変更してもらってからです。中1〜高1までは週1回でした。優秀な生徒ではありましたが、週1回の限界がありました。そして高3になり更に1曜日増やしてからの伸びは凄いです(高3生は週2回でも3回でも月謝は同じ)。小学校での3年間もあるから、潜在的に蓄積されていたものが一気に開花した感じがしています。

                       

                      Yさん、Rさん、共に、センター試験が当面の目標ですので、満点を目標にして最低でも9割正解をできるように、残りの6か月弱を頑張ってもらいたいものです!(^^)!。